今年こそはダイエット!ジムとフィットネスはどちらがいいの?

この記事をシェアする

健康・美容ダブルの効果が得られる運動

公営ジムのメリット・デメリット

ジムと言っても大きく分けて2種類あります。公営ジム、スポーツジムとあり今回は公営ジムにスポットを当てていきます。
公営ジムのメリットは何と言ってもコスパに優れている点です。月契約では無く1回ごとの利用になり、数百円で利用出来ます。しかも自分の好きなタイミングで行けるので、不規則な時間のスケジュールという方にもぴったりです。
スタッフも基本的な設備については教えてくれますが、つきっきりではありません。また公営ジムはコストが安い分設備が最低限ですので、更に充実した設備を求める場合はスポーツジムがおすすめです。
またスタッフはトレーナーでは無いので、深い知識はありません。その為、全くの初心者が使うにはハードルが高くなってしまう事もあります。

スポーツジムのメリット・デメリット

公営ジムと違いスポーツジムは月契約が必要です。ジムによっても料金は異なりますが月5000~1万円程度で、契約中は施設内の設備は使い放題です。
公営ジムよりも設備が充実しているのはもちろんですが、スタッフが基本的な使い方だけでは無く積極的にメニューやサポートをしてくれます。筋力や体力測定をした後に、自分だけのメニューを作ってくれたりするので知識の無い初心者におすすめです。
また夜間帯も営業しているのも大きなメリットです。仕事や学校帰りに気軽に通えるのは嬉しいポイントです。
冒頭で説明した様に、スポーツジムは公営ジムに比べると高額です。仮に1か月の間、1度も通わなくても同じ料金が発生するのでモチベーションに左右される方にはおすすめ出来ません。



PAGE
TOP